初村滝一郎先生への推薦状贈呈式

令和3821日(土曜日)柔道整復師会事務所において、役員出席のもと来る衆議院総選挙に向け、長崎1区自民党公認候補の初村 滝一郎 先生へ、当会より推薦状の贈呈を行いました。

太田会長より「お父様は、衆議院議員、お祖父さまは、参議院議員で元労働大臣。

ご本人も、安倍元総理の政策秘書をお務めになった“政界のサラブレッド”、候補者として適任であり推薦をさせていただきます」とご挨拶が

  〔太田会長より初村滝一郎先生へ推薦状の贈呈〕  ございました。

 初村 滝一郎 先生より「古い方は、ご存知だと思うが知名度不足。自民党が下野した時も、応援して下さった柔道整復師の皆様の為に、一生懸命に頑張ります」とご挨拶がございました。

下条 博文 県議よりも「会えば初村先生の良さが解るが時間が足りない、

冨岡先生の意思を引き継ぎ、柔整師会の為に働きますので、ご支援を宜しくお願いいたします」とご挨拶がございました。

 今後は、当会として後援会入会活動やお名前を覚えていただく為の、院内・外のポスターの掲示をしていただき、知名度アップのための活動お願させていただきますのでご支援の程宜しくお願い申し上げます。

太田会長挨拶

初村滝一郎先生の決意表明


顧問下条県議会議員よりご挨拶

初村先生・下条県議を囲んで柔整師会役員一同


推戴式

公益社団法人長崎県柔道整復師会理事会の議決により長崎県議会議員の下条博文氏を当会の顧問として推薦し、その推戴式が令和21010日(土)に長崎市茂里町の社団事務所に於いて役員並びに事務職員が出席し行われました。

 太田会長より「下条議員には、今回の陳情書の作成から提出まで大変お力添えをいただきましたこと改めて感謝を申し上げます。本来は、社団会員の前でご披露しなければなりませんが、コロナ禍の影響でそれは叶いませんでした。下条議員、これからもお力添えをよろしくお願いします」と挨拶され、下条議員も「ずいぶん前から父より社団の事は聞いており、よく存じております。顧問として精いっぱい対応します」と述べられました

 また、今回は『柔道整復師に対する新たな支援制度』について県への陳情に大変ご尽力いただき、 「長崎県には説明をして十分理解をして頂いております。今後も何らかの形で柔整師の皆さんに支援策ができるよう頑張ります」とお話されました。

  今回の陳情について説明される下条県会議員

               下条県会議員(右)と太田会長 


     推戴状を読み上げる太田会長

      下条県会議員(中央)と県役員